梅雨は不調が出やすい時期です!腰痛も起きやすいですよ

ズンと重たい頭痛がスッキリ!頭痛整体

こんにちは!
やまぐち接骨院・整体院のヤマグチです。

 

そろそろ梅雨に入りますね。
不安定な気候の時は不調が出やすいです。

 

東洋医学的にも
昔から湿気の多い時期の体調不良を「湿邪しつじゃ」と言って
なんとなく身体の重さやだるさを感じたり
食欲がなくなったりと
体調もすっきりしないことが多いものと考えられています。

 

なぜ、そう言われるのか。

理由はかんたん。

気温の差がすごくあるし
低気圧が長く続くから。

 

①気温差
日中と夜や日によって気温の差があるのに
暑い時と同じ服装だったり
冷たいものを飲んだりすると
カラダや内臓が冷えて不調になりやすくなります。

周りに合わせるんじゃなく
自分の体調と相談しながら
服装を変えてもらうといいかと思います。

大型連休の疲れが出たりするのもこの時期。
風邪をひく方も増えたりします。

 

病気じゃないけど
なんか調子が悪い・・・

そんな方はご相談ください。
自律神経を調整する整体が効果的です。

 

②低気圧が続くと・・・
人間の体は自然の影響を受けやすいので負担がかかります。

天気が悪いと頭痛が起きるという人は
頭の中の圧力が気圧の加減で上がるからです。

例えるなら
スーパーに売ってる豆腐です。

頭(箱)の中には脳(豆腐)が入ってます。
脳は水に浮いてます。(脳脊髄液のうせきずいえき)

箱の外の気圧が下がると
中の圧力が高まります。

圧力が高まると箱が膨らみます。

イメージとしてはこんな感じ(飛行機に乗ると気圧が下がるのポテチの袋がパンパンになる)

 

頭の中でも同じことが起こるので頭痛が起きやすくなります。

頭痛でお困りの方はなるべく薬を飲まずご相談ください。

 

胃の不調が腰痛につながることもあります。

 

突然の腰痛にはご注意を!!

 

ご予約・ご相談はこちら
友だち追加

よろしければ覗いてみてくださいねー♪


The following two tabs change content below.

山口 貴史

大阪市平野区出身の柔道整復師 学生時代はガッツリ野球にのめり込んでいました。 接骨院を閉めて出張専門として新たな道をスタート。 大阪市内を中心にどこへでも行きます! お役に立てることを書いていければと思っています。

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)

コメント