年末には思わぬケガが起こりやすい

年末はなぜかバタバタした空気が流れます。
そんな空気には流されないぞって思ってたら
パンツを前後逆にはいていたボクですwww

今日は年末によく聞くケガについて。

年末に起こりやすいケガ

大掃除で換気扇や高い窓をふく時って台に登りますよね。
この台が不安定で転倒。けっこうよく聞くケースです。
例えばローラー付の子供の勉強机についてるイス。
これにのって電球を変える時にこけたって話
実際ボクの患者さんにいました。

こけた時に足首をねんざ
ねんざと思ってたら実は骨折してた

あとはお風呂掃除。
足をすべらせて浴槽にわき腹をドン
肋骨を骨折。

痛いですよわき腹は。
いや、どこでも痛いですけど
笑えないんで笑う門には痛みが走るになっちゃいます。

対処法

無理しないことです!!

いやホントに!!
だいたいケガする方って
・いつもやらないことをする
・張り切りすぎる
のどちらかです。

無理して
痛い年越しをするなら
来年の初めから1年かけて
キレイにすればいいんですから。

ボクは掃除が得意じゃないんで
毎日コツコツきれいにしてます(つもりです)

ボクはそれでいいと思っています。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)