怒りの末に起こした行動は何も良い結果をうまない

怒り。

時には力になるかもしれませんがまぁ、
良い結果を生まないことを学びました。

怒りって後で振り返れば
「しょうもな」って思うことがほとんど。

つまりしょうもないことに時間を使ってしまっているということです。

そんなことに自分の大事な時間を使ってる暇はない。

悔しさをバネに行動することと
怒り任せに行動することは違う。

怒りの末に行動することは
何も良い結果を生まない。

そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。