指導者が選手に伝えるコツ

自分の話を
「誰かに伝えてもらう」
前提で話す。

例えば、家に帰って親に話す、
他の選手に話すなど、
誰かに伝えるためには
わかりやすくその選手に伝えてあげなければいけない。

そして、成果を出してもらう前提で話す。
もっと伝わるようにブラッシュアップしていく。

そのコツは
まず話す、書く。
全身を使って話す。

聞く時も同じです。
選手の話を聞く時は
大げさにリアクションしたり全身で聞く。

そうすると脳は
一生懸命インプットしようとする。

自分で経験したことを
伝えることが大切。

でも、自分の体験だけが正解ではないから
勉強して動き続ける、
それが選手に伝わる方法、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。