進化するルールに対応できるよう常にアンテナをはっておく

スポーツにはルールがあります。

クライマックスシリーズでのこと、
横浜ベンチはマウンドに投手コーチが行き交代をつげました。

投手コーチがファールラインを超えてから
監督は投手交代を主審につげました。

ルールではこうなってます。

「野球規則5・10 プレーヤーの交代【注2】

監督またはコーチが投手のもとへ行った後、
ファウルラインを越えて引き上げたら、その投手はそのときの打者がアウトになるか、走者になるか、または攻守交代になるまで投球した後でなければ退くことはできない。ただし、その打者に代打者が出た場合は、この限りではない。」

つまり、交代のタイミングがずれてしまったわけです。
結果、犠牲フライで1点を失い
それが響いて逆転負けしました。

ルールは進化します。
その進化に対応できないと
思わぬプレーで敗退となることもあります。

自分ごとですが

先日2年ぶりにゴルフをしました。
スコアはさておき、ルールがかなり変わってるのにビックリ!

一緒に回った方に教えていただいて
変化についていけないのってよくないなと感じました。

何事も動きながら
準備不足にならないようにアンテナをはってたいな、
そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。