むかし話はいらない

むかーしむかしあるところに
1人の男がいました。

自分が若いときには
たいへんむちゃくちゃで
〇〇があったり
〇〇だったりしました。

あのときに比べれば
今なんかもう、、、

・・・
自分がいた環境なんてもっとひどかった、
でも今は恵まれている。

それを言えばキリがなくないですか?
でも、今目の前にいる選手は
「今」を生きてる選手です。

その選手に過去の苦労話をしても通じません。
だって、経験してないんだから。

自分の経験はわかるように伝えてあげなければいけない。

良くなるにはどうすればいいのか?
それを伝えた方がいいんじゃね?

そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。