あいまいな発言があいまいな結果を生み 具体的な行動が具体的な結果を生む

どっちつかず。
中途半端が全て悪いわけではない。
全てにおいて白黒ハッキリさせる必要はないと僕は思う。

でも、あいまいな発言、行動は
あいまいな結果しか出ない。

そして、誰もついてこない。

どうすればできるか?
具体的にどう動いていくか?
どう指示するか?
どう動かすか?

はっきり指示してミスすることもある。
でも、自分の考えが曖昧でミスしたら後悔が残ると僕は思う。

「曖昧」
曖も昧も暗いを意味する。
暗くて確かじゃない、はっきりしない、
いかがわしい。

漢字の由来の通り
いい結果は望めない。

人の振り見て我が振り直せ。

自分はそうなっていないか?
常に客観的に自分を見れるようにしたい、
そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。