最後に1点多ければいいという考え方

ピッチャーをやってると
点を取られたくないと思う。

でも、金属バットを使う高校生が
無失点で抑え続けるのは無理がある。

自分の経験と感覚からいうと3点はワンチャンスで入る、
4点差あると心理的に難しく感じる。
と思っています。
(もちろん相手の力量にもよりますが)

3点は取れられても良いという考えで守れば大量失点を防げるかもしれません。

そういう心の余裕を持って練習、試合に臨む。
最後に1点多ければいいんですから。
そう、思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。