いろんなアイディアを聞いたら「でも」「だって」と言わずにどうすればできるか考える

提案。

何か新しい取組や、今までやったことがないものは拒絶したくなる。
これは人間の心理のように思います。

人間にはホメオスタシスと言って
死なないようにプログラミングされています。

だから変化を嫌うんですね。
(変化しなくても生きれるから)

だから、何かを提案されたとしたら
「でも」「だって」が出てくるものです。

そんな反対意見が出てきたとしたら
心にしまいこもう、と僕は思っています。
(なかなかできないですけどね)

「でも」という言葉で返すと、間違いなくチャンスを逃すと感じます。
他人の意見を聞いて、本質的に何が言いたいのか見抜く。

そして、その意見に「自分ならこうできる」「やってみよう」という行動につながるように動く。

それが自分なりの価値になるんじゃないかな、そう思います。(ので、素直にやり続けてみます)


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。