科学で証明できるものとできないもの

科学技術が進んでいる今の時代、
なんでも数字や理論にがんじがらめになるのは僕は反対です。

こと、スポーツにおいては絶対数値化できないものがあります。

それは「感覚」。
感覚だけは自分で感じ取ることしかできないものです。

どれだけ筋肉を大きくしても身体の使い方、つまり感覚が発達しないと良いプレーはうまれないんです。
筋力は年齢と共に衰えます。

しかし、感覚は一生伸び続けます。
武術の達人と言われる方は

お年を召されていても
自分より大きな人をいなしているのを見たことありませんか?
そう、感覚を発達させるのに年齢は関係ないんです。

科学の技術はおもしろいです。
その技術を活かしながら自分の感覚を養う。
人間性と野性味あふれるそんな選手を育てたい、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。