甲子園にもコールドゲームはある。だから準備が大切

全国大会である甲子園。

地方大会には適用される点差による
コールドゲームがありません。
(5回10点、7回7点差以上でコールドゲーム成立)

しかしながら、全国大会でも適用されるコールドゲームが存在します。

それは、降雨コールドゲーム。
(7回以上であれば降雨コールドで試合が成立する)

先日、甲子園に観戦しに行った時のこと。
台風の影響で雨が降り始めました。

グランドにはうっすら水が浮き始めていて
これ以上長引くとコールドになるかもという展開でした。

多少の雨なら強行するのが高野連。

準備として雨天時でも練習する必要があります。

外野は打球が見づらく、水分を含んだ芝の上で打球は失速する。
内野もグランド状態が変わるので
打球が止まりやすく足を使わないとさばけない。
ボールも滑りやすくなるので工夫が必要です。

もちろん地方大会も雨で強行することがあります。
雨天時に試合をしたことがありますが
外野フライが見づらく、足元が緩いので
走塁も思ったようにできずに普段なら起こらないプレーが起きました。

だからこそ、そういった準備が必要。
そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。