打ち込めることに没頭する


天才。

人によって解釈は様々と思うけど
僕は子どもを見てると天才やなぁ〜
と思うことが良くあります。

どんな子どもも天才で生まれてきてると思うんです。
それが大きくなるにつれて
いろんなことを思い込んで
天才じゃなくなっていく、
そんな感じがします。

誰しも自分が没頭できることって何かあると思うんです。

それは変わってもいいと思うし
いろんなことにハマればいいと思うんです。

やってみて時間を忘れるぐらい没頭できるか。
これ、生きていく上でめっちゃ大事、
そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。