苦しむような努力は正しい努力か?

「練習がきつかった。」

高校野球の思い出でよく聞かれる言葉です。

自分が好きな野球、
もっと打球を飛ばしたい
もっと守備が上手くなりたい
もっと速い球を投げたい
もっとうまくなりたい
という想いはあるはずです。

そこが目標なら
練習がキツくても苦だけではないはず。

もちろん苦しい練習もあると思いますが
先が見えていれば苦だと思わないと僕は感じます。

先を見た目標を見据え、
今何をすればいいのか?

そこがわかればただ、苦しいだけの努力で終わらない、僕はそう思います。



The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。