「ケガのリスク回避」と「楽すること」は全く次元が違う

ダルビッシュ投手。

ツイッターで発言することが多く
おもしろいなと注目しています。

特に興味があったのは
大船渡高校佐々木投手の起用についての問題。

張本さんが番組内で
「最近のスポーツ界で私はこれが一番残念だと思いましたよ。32歳の監督で若いから非常に苦労したと思いますがね、絶対に投げさせるべきなんですよ」
「ケガを怖がったんじゃ、スポーツ辞めたほうがいいよ。みんな宿命なんだから、スポーツ選手は」
「苦しいときの投球を体で覚えてね、それから大成したピッチャーはいくらでもいるんだから。楽させちゃダメですよ」

という発言をされた。

ダルビッシュさんの投稿にリプライしたものには

「見たいというだけで、投げさせるなんてやめてあげてほしいです」という意見に対して
「自分ほど酷使をされなかった強豪校のピッチャーはいないと思います。2週間キャッチボールすらしていない時もありましたし、先発も県大会、東北大会共に準決勝からという感じでした」と肩の消耗が少なかったという東北高校時代の実体験を明かしていました。

と記事にありました。

私立だからそんなことができる、
公立だからできない
という議論は置いといて、

張本さんの発言で残念なのは
「ケガのリスク」と「楽する」を
「=」で考えていること。

プロ野球選手の中にも
痛みを隠してプレーし続けている選手は
たくさんいます。

指導者であればケガのリスクは回避してあげないと
と自分は思います。

だって、自分が親だったらもちろん甲子園には行ってほしいですけど
プロに行きたい!
という意向があるならケガなく行かせてあげることが大切ですし、
「ケガなく育てる」ってすごく大変なことだと思います。

なのでこの監督さんの決断は
良い判断だったんじゃないかな?と思います。

甲子園は最大の目標であり
場外人生においては通過点でもある。

投手分業制、
夏の大会の日程変更、
などルールとして
負担をかけないようにする。


1人に負担がかからないような
チームでの決め事を作ってもいいと思います。

今時の若いもんは・・・
ではなく
今時の若いもんが
のびのびできる環境を作れるようにしたいな、
そう思います。




The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。