メンタルを崩す原因

とある”スーパー1年生”と呼ばれたことがある選手の記事の抜粋です。

「僕のプレースタイルは甲子園に行っても変わっていなかったんですけど、周りから“すごいバッターだ”と見られているのは感じていました。
打って当たり前、みたいな。
だから、かっこいいところを見せないといけないと思いながら打席に立っていました。それは僕がやりたい野球ではなかったです」

すごいバッターだ、
打って当たり前、
かっこいいところを見せないと、

この言葉にメンタルを崩す要因があります。

上記の言葉は、
「期待に応えなきゃ」
と感じた時に発されるもの。

「期待」
は周囲が勝手にするもので
自分の力ではどうにもならないことです。

その選手は
「自分のプレーをする」
ことに集中できていれば
外野の声に惑わされることなく
高校野球生活を楽しめたのではないか?
と感じます。

プレッシャーって自分が自分にかけているものだと思うんです。

苦しい練習してきたんですから
最後は楽しんでほしいな、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。