主軸が打つ事でチームが盛り上がる

先日、母校の応援に行ってきました。

この日は雨の順延等で1日4試合あり
その最終試合。

自分の最後の夏も最終試合でした。
集中力を保つのが難しかったように思います。

前の試合が長引き、試合開始が17:00前。

普段、この時間から試合することは少ないでしょうから調整は大変やったでしょうね。

初回、四球のあとのバスターなどでランナーがたまり、
相手の5番バッターにタイムリーを打たれ嫌な流れに。

練習試合やったら10回やって9回勝てる相手でも
夏の大会は空気が独特。
流れが大切になってきます。

嫌な流れを断ち切れる選手、
空気を変えられる選手がどれだけいるかが勝負の鍵。

今年の選手たちはいつもと違うように感じました。
そして、主軸のこの選手の一発。





一発打つとチームは盛り上がります。

ラッキーボーイの存在も不可欠です。

この勢いで桐蔭にも勝ってほしいな、
そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。