そんなプレーないやろ〜と思うことも練習する

「ツーランスクイズ」

と検索すると
昨年の甲子園100回記念大会
近江対金足農の試合が出てきます。

自分自信もツーランスクイズをしたこともされたこともありません。

金足農業は隙をつき
ツーランスクイズでサヨナラ勝ち。

そんなプレーないやろと思うようなことも練習した方がいいし、
自チームも実践で活かせるよう
隙をつく練習をする方がおもしろいなと思いました。

ツーランスクイズは協力しないとできない。

まさに阿吽の呼吸。

スクイズする選手はライン上に転がす、
ランナーはホームを諦めさせるぐらいのスタートを切る、
二塁ランナーは迷わずホームに突入する。

チーム力、判断力、技術、すべての能力が鍛えられる練習ですよね。

遊び心から生まれるおもしろい練習を考えていきたいな、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。