野球に必勝法はないけどその逆はある

情報不足、慢心、思い込み。

必ず勝てるというのは存在しないけど
負けるパターンはあると思います。

プレーで言うと

・四死球
・エラー(バント失敗等も含む)
・凡ミス(カウント間違い、サイン見落とし等の単純なミス)

相手の得点に結びついてしまうプレーです。

流れが変わってしまうプレーが多いと
負けることが多い。

もちろん野球はミスのスポーツなので
100%防げないものです。

しかしカバーはできる。

そのミスを取り返すプレーができればいいのです。

四死球、エラーは仕方のないものですが
凡ミスは防ぐことができます。

それは「確認」です。

自分で準備、確認をすることで
凡ミスは防げる。

つい先日、高校野球の大阪大会予選を見に行きました。

チャンスでヒット放ち得点、なおもランナー1塁。

バッターランナーは安心したのか?
ボールを見ずに1歩2歩とリードした瞬間、牽制球でアウト。

流れが悪実に変わったのがわかりました。

準備、確認をしっかりしていれば防げたミスです。
結果そのチームは負けました。

何事も準備、確認が必要やな、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。