意地はあるか?悔しさはあるか?

「人は意地と悔しさがあるときに力を発揮する」

大阪桐蔭高校の西谷監督の言葉です。

書かれていた記事を読んで

「人がここ一番で力を発揮できるのは
維持と悔しさがあるとき、
悔しさを力に変えるには
今までと違うことをすること」
だと思いました。

人間は楽したい生き物。

それは自分もそうです。

現実を変えたければ
自分のいつもの行動ではなく
真逆の行動をとればいいと思います
(と、自分に言い聞かせています)

まぁ、いいか。

と、なりそうな時は
悔しい!と思ったことを
思い出し、やるべきことに没頭する。

意地はあるか?
悔しさはあるか?
行動できているか?

自分に言い聞かせて
今日も生きたいな、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。