モノゴトはうけとり方次第で良くも悪くもなる

夏ですね!
子どもが学校で育てたプチトマトを嬉しそうに持って帰ってきました。

少し小ぶりのプチトマト。

さっそく食べてみたら
おいしいじゃないですか!

おそらく、お店で食べたらそこまで感動しなかったと思います。

「毎日水やりして大きく育ててん!」と嬉しそうに話すプロセスを知って
「おいしく食べてほしい!」という想いを感じた。

それが、わが子が一生懸命作ったものとなるとおいしさは何倍にもなりますよね!

モノゴトは受け取り方次第なんやなぁ、と教えてもらった1日でした。

いいこともあれば
いやなこともあるでしょうけど
「自分がどう観てるか?」が大切、
自分の捉え方で見え方、感じ方が変わる。
大事なことを教えてもらいました。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。