のびのびの中にも基本は伝える

「のびのび育てる」
とてもいいことだと思うし
自分もそれは実践したいことです。

でも、のびのびって抽象的ですよね?

僕はのびのびの中にも
伝えておいた方がいいことは伝えます。

でないと、放任になると僕は思うからです。
それは無責任かなと感じるんで
肝心なことは伝えるようにします。

例えば
挨拶、時間を守る、目配り気配り
自分ももちろん完璧ではないけど
その辺りは伝えたいですし
プレーにも現れると思うんで。

プレーに関しても
基本、体の使い方は伝えたい。

上のレベルでも工夫できる
応用力と人間力はつけて欲しいなと思います。

えらそうに言ってますが
自分もまだまだ修行の身。

一生勉強、そう思って生きてます。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。