人に聞くのもいいけど 自分の身体にも聞いてほしい

名選手名コーチにあらず
みたいな言葉って聞いたことありますか?

名選手って感覚が優れてると思うんですよ。

巨人の長嶋終身名誉監督の指導法って
ボールがくるだろ?
グッと力入れて
パーン!だ!

っていう感じだったそうです。

あきらかに感覚ですよね?笑

松井秀喜さんは
それを理解?し
才能をさらに開花させたのは有名な話。

僕レベルで語るのは恐縮ですけど
長嶋さんの話しをきいて
自分の身体の声を聞いた結果だと思うんです。

結局、やるのは自分。
形がいいフォーム=良い結果
ではないので。

やり方を聞いたら
やってみて
自分の身体(感覚)と対話しながら
練習する。

それを積み重ねる。

その繰り返し、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)