ヒントを与え答えは自分で導かせる

手取り足取り教える。

自分よりも年下の人には
それも必要かもしれない。

しかし、いつも手取り足取りだと
自分で考えて動けるようにならない。

経験はその人にしかできないことだから。

でも、ヒントは伝えてあげたほうがいいと僕は思う。
ある程度のところまでは導いてあげるのも
1つだと思う。

それがコミュニケーションちゃうんかな?

これっていう正解はないんでしょうけど
自分は、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。