年をとって老けるんじゃなく新しいものに興味がなくなって老いる

自分の好きなことに没頭する時間が減る。
新しいものに興味がなくなってくる。

そうやって人は老いていくと本で読んだ。

大切なのは、自分の好きなことに没頭する、
野球でいうと自分の技術が伸びてきてることを感じる。

そうやって興味を持つことで
新しい感覚が身につく。

誕生日が来て年を重ねて老いるんじゃなく
いくつになっても自分の変化を楽しめる人が
イキイキしてる人なんじゃないかな、
自分はそう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。