気づきのない努力は無意味

努力はただがむしゃらにやっても意味がない、
正しい努力をする必要がある。

と前にも書きました。

正しい努力=気づきのある努力
とも言えると思います。

継続し続けることによって
気づくことがたくさんあると思うんです。

素振りをし続けることによって
スイングが早くなります。

スイングが早くなっただけでは
全てのボールが打てるわけではないですよね?

ぼーっと同じことをして
工夫もなければ
せっかくの努力が水の泡、無意味になると僕は思います。

やらされてやるより
自分から動く方がいい、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。