アホみたいに縛られた固定観念は捨て去る

固定観念。

誰しも固定観念を持って生きてると思う。

かくいう自分もその一人である。

しかしながら、これに縛られるととてもつまらん生き方になる気がする。

「今まではこうやったから…」と

今までの過去に縛られ動かないと成長はない。

これは実体験。

今まで経験じゃなく思い込んでやらなかった自分が成長しなかったから。

一歩踏み出すのは怖いけど

やってみるとおもしろいことに変化した自分に気づいたから。

やってみればいい。

人間は変わらないようにプログラミングされている。

生きていくために。

でも、それは思い込みを超えて行動すれば確実に変われる。

そして変わっても死なない。

変わらず死ぬ方が確実に後悔する。

「人生、悔いは残しても後悔を残すな」

高校の野球部の部長から教わった言葉です。

この言葉を大切に、そして実行できるように生きていきたいなぁ、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。