疲れているならスパッと休ませることも大切

長い連休だった人もいると思います。

プロ野球も連戦が続き、
見てて「あぁ、疲れてるなぁ」と思う選手が何人もいました。

首脳陣からすると
好調な選手は使い続けたい。

しかしモチベーションを維持させようと思うと
疲労の蓄積は大敵だと僕は思います。

もちろん追い込まないといけない時もあります。

疲れがたまると集中力は落ちるし
ケガのリスクも上がります。

結果が残るチームはケガ人が少なく
チーム内の空気も良い。
個々のモチベーションも高い。

選手にフレッシュな気持ちで試合に臨める環境を作る。
それが大切な仕事じゃない?そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。