道具はカラダの一部

野球はバットやグローブを使います。

他のスポーツも道具を使うスポーツは多いと思います。

道具を道具として扱うのか
カラダの一部として扱うのかでは
感覚が全然ちがいます。

カラダの力を道具に伝える。

そのためには
まずカラダを満遍(まんべん)なく使い
自分が思うようにカラダを動かせる事が大事です。

いろんな情報がありますが
形だけに捉われず
自分の感覚を磨いてほしいと思います。

昔は遊びの中で自然にカラダの使い方が身につきました。
今はその能力が発達しないまま
カラダだけを大きくしている印象があります。

だからケガが増えるんです。

本筋から逸れましたが
道具がカラダの一部になるぐらい
感覚を磨くこと。
これがスポーツ上達の第一歩だと僕は思います。




The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。