先取りして行動する

中学の時、監督から言われたことを鮮明に覚えてます。 

ある打者が
1アウトランナー3塁のチャンスに
初球の甘い球を見逃し。

3球目にスクイズして1点を取りました。

ベンチに戻ってきた選手に

監督「なんで初球の甘い球見逃してん?」

選手「監督がスクイズで確実に1点取りに行くと思ったからです」

と答えたそうです。

その方が確実に1点を取る確率が高くなるからの行動だったそうです。

監督の考えを先取りして行動する。

「そういう選手がたくさんいる時は強い」と言ってたのを覚えてます。

日常生活だとお客様、上司、奥さんが楽になるにはどう行動すれば良いか?

それがハタラクってことなんじゃないかな。

まずは身近な人にできるようにしよう、

そう思いました。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。