自分の役割は何か?

野球はチームスポーツです。

ピッチャーvsバッター、
キャッチャーの肩vsランナーの足など
個人競技の側面もあるがミスを補い、
1点でも多く取った方が勝ちという
シンプルなゲームです。

チームとしてまとまるには
個人の力量を把握し
いかに発揮するか。

コーチ陣はいかに能力を発揮してもらうか。

力量を把握する練習は
ケースバッティング。

自分に出そうなサインを想定して
自分でサインを出す。

そうすることで
「こういう場面では自分はこういう動きをする」
という準備にもなる。

そういった実践に活かせる練習、ケースバッティングする。
うまくいかなかったことはなぜうまくいかなかったのか?

検証して練習する。
その繰り返しです。
選手は自分の役割をわかっていないとそのサインを出せない。

すごく考えてプレーすると思います。
監督の意図も頭に入れることもできる。

話は逸れましたが
自分の役割をわかり
正しい場所で
能力を発揮させる。

その環境を整える、
これが自分の得意分野やなぁ、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。