責任はトップがとる

チームは
壊走すること
たるむことがあり
落ち込むことがあり
崩壊することがあり
乱れることがあり
敗北することがある。

これが進むと必ずチームは負ける。
①相手の力が強いと敵前逃亡したくなる。これは自分を守る心理が働くため。敵力が高く真っ向勝負ができないならいかにスキをつくか。
自チームの戦力でいかに戦うか。
②リーダーに統率力がないと選手はだらける。締めるところは締める。
③落ち込んだらどのように解決し行動するか
④リーダーの指示を聞かずに突っ走るとチームは崩壊する。コミュニケーションを取り結束力を強化する。
⑤リーダーの指示があいまいだとチームは混乱する。的確な指示ができるよう情報を集め、譲れない線を決め、自チームのこと、個人を知る。指示が伝わりやすいよう常に気を配る。
⑥負けても次に繋がる行動を。
そのまま負けて逃げ帰ると完全敗北。
完全敗北からは何も得られない。
次に繋げる!意識をチームにもたらすこと!

この6つの事柄が起こることを事前に想定しておく。

そして対処法を知っておくこと。

これは孫子の兵法で将軍が知っておくことの一つです。
その責任はトップが取ることと書かれていました。

孫子の兵法おもろいですわぁ〜

社会の勉強ってそういうことを伝えたかったんやな、
そう思います。



The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)