何をするときでも不測の事態は起こり得る

そこでどう対応するか。

臨機応変に対応しつつ
核心部分は見失わないように。

そういえば昔ホリエモンさんが
インタビューで
「想定の範囲内です」
と答えてるのを見たのを思い出した。

そう、不測の事態をどこまで想定して準備するか。


強いチームになればなるほど
相手の警戒は強くなる。
足元をすくうような戦いや
意表をついたプレーが多くなる。

外部的要因なら
吹奏楽部の応援で声が聞こえなくなる、
審判が公立贔屓?のジャッジになるetc・・・

だから、サインを盗まれてもOK
と言う前提で準備しないとと思う。

準備という意味ではこのカバーリングはすごい!
ホンマにナイスカバーやと思う。

センバツ高校野球のサイン盗み問題を冷静に見て
そう、思いました。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)