失敗(と感じたこと)の中身を精査する

抑えた、打ったなどの結果論ではなく
あの場面のあの作戦はよかったのか?

選手起用はどうだったのか?

冷静に分析すること。

重要なのは失敗から学ぶこと。

失敗は実験みたいなものと思っています。

実験は積み重ねた方がいいけど

同じ失敗はしない方がいいでしょ?

その実験から問題を解決するにはどうするか?

精査→行動→精査→行動・・・

しかないです。

上手になる選手がそそサイクルが感覚的で
スピードも速い。

自分もそのサイクルが早くなるように
動いていきたい、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。