成功のタネをどれだけ見つけられるか

野球は失敗のスポーツ。

その失敗からどれだけ成功のタネを見つけられるか?

それが成長のカギだと思います。

同じ凡打でも当たりが良かったのか
納得いくスイングでたまたま結果が悪かったのか
たまたまヒットになったのか
次はどう対応すればいいか
どんな練習をすれば確率があがるのか

少し考えただけでもコレだけ出てきます。

成功のタネはいっぱい落ちてるわけです。

失敗したと感じてる暇はないんです。

次に向けてどんな行動をとるか。

実際にどう行動するか。

失敗しないようにと行動しないのは

振り返った時に必ず後悔します。

一歩踏み出した時に成功のタネを見つけられる

と僕は思います。

思いきってやってみよう、
命をとられるわけじゃないんやから!
(と自分に言い聞かせてます。)

小さな1歩でも踏み出した選手をしっかり見ていたいし
応援したいな、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)