選手別、伝えかたリストを作る

できるだけわかりやすい表現をする。

でも、受け取り側の理解力には個人差がある。

しかし選手(教わる側)に問題はない。
だから指導者の考え方、伝え方を磨く必要がる。

選手への伝わり方は

理解→納得→実行→結果

自分が伝えたことを言ってもらう。

すると理解度チェックができる。

その理解度を観察して
選手別に伝え方リストを作り
伝わっているかを確認する。

自分の伝え方を磨くことを忘れたらいかんなぁ、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)