その選手は本当に才能がないのか?

「自分には才能はない」
選手のカラダの使い方やケアをしていた時にも
聞かれた言葉です。

僕は思うんですけど
本当に才能はないんでしょうか?

「自分には才能がない」は、努力をしない人の言い訳です。
と書かれた本を読んだことがあります。

「才能」は初めから一見して突出したものではないかもしれません。

でも、すべての人に「才能の芽」はあります。

その「芽」をどう見つけ花開かせることができるか。

まずは選手に興味を持つことだと僕は思います。

個性を持った選手たちに興味を持ち
今ある状況の「認知」、
目的へ向かうための「動機づけ」、
そして「正しい努力」をすること。

↑を考え、行動していると
自分自身も、選手も変わります!

まず芽に気づけるように
眼をこじ開けて観察したいと思います。



The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)