投手は打者から学び 打者はバッテリーから学ぶ

稲尾和久さんは
「ツーアウト満塁フルカウント3-2(3ボール・2ストライク)の時には何を投げますか?」
と聞かれた時に
「アウトコース低めのストライクからボールになるスライダーを投げる」
と答えていたそうだ。

理由は「100%空振りしてくれるから」

14年で276勝した名投手がそういった考えで投げていたことを
打者は考えると練習方法にも工夫が出てくるんじゃないかと思う。

現中日の松坂さんも
横浜高校時代、優勝を決めた最後の決め球はアウトコースのスライダー。

一方打者は
ランナーの状況やアウトカウントで変わってくるでしょうが
フルカウントになると
ボール球でも振ってしまう選手が多く感じます。

追い込まれたくないから早めに打ちにいく。

と、いうことはバッテリーは
早めのカウントでは厳しく攻めて打ちづらくすればいい。

バッターは打者有利になるには
どういう攻撃がいいのか?
を考えて練習するといい。
自分の持ち味を生かして。

僕はなんとかバットに当ててファールにするバッターだったので
・凡打でも球数をたくさん投げさせる
・いつでもセーフティバントをするぞという動きで揺さぶることが
嫌がられるだろうと思ってやってきた。

打たれることよりも嫌がられることは何か?

そんなことを考えるには
バッターはバッテリーから、
投手はバッターの心理を学ぶといい、
そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。