食わず嫌いより食べてみてキライかスキか感じた方がいい

孫子の兵法って本を読みました。

言葉では知ってましたが食わず嫌いでした。

どちらかと言うと歴史はニガテで
「俺は過去は振り返らん」とかわけのわからんいいわけをして
学ぶことから逃げてきたヤマグチです。

最近歳のせいか?過去から学ぶことはめちゃくちゃあるんやなぁと感じます。

(まぁ僕はそんな大した経験はないですが、、、)

孫子の兵法には
「戦い方には手順がある
負ける時には負けるべくして負ける」

ということが書いてありました。
(そういえば野村監督も同じようなことを言ってましたね)

本気出せば学びのタネなんてどこにでも落ちてる。

それを拾うのか
めんどくさがってスルーするのか。

めんどくさいことをコツコツすることが
自分の成長であり勝利への近道やということを学んだ
気がします。

とにかく食べてみる。(行動してみる)
食べて消化する(評価)

これが大事。

今日はいつもより一層まとまりがない文章ですが
そんなことを思った1日でした。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)