相手が嫌がる野球をするには

どうも、性格がひねくれてるヤマグチです。

「相手が嫌がる野球」って聞いたことありますか?

その環境、場面で最善の策、
なおかつ相手がその展開になると困る
という作戦です。

やられて嫌な場面を想定して練習しておくことが
強いチームができていることではないかなと思います。

大阪桐蔭のゲーム前ノックでは
内野ゴロ→3塁転送
の練習をしています。

これは
そういう場面での練習ができていますよ
と相手チームに牽制する意味もある。

2塁ランナーになると
3塁に進みにくくする作戦であると感じます。

攻撃側は1つでも先の塁を狙う。
守備側は1つでも進塁を許さない。

野球の基本ではありますが
あまりないケースほど練習しておく必要があるんじゃないかな?
と感じた場面でした。

準備ってやっぱり大事ですねぇ。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。