こいつは使えないと言う前に自分はその人の適正を見れているか?

「あいつは使えない」
言うのはカンタンです。

使える場所はないか?
どうすれば使えるようになるか?

自分はどういうチームを作りたくて
どういう動きをしてほしいか。

そしてどのような結果を望んでいるかを
きちんと伝えられているか?

結果が出ないのはなぜなのか?
を考えられているか。

正しい努力ができているかどうか?
を評価できているか。

質問ぜめになりましたが…苦笑

ゴールもないのにマラソンしろって言われたらイヤでしょ?

ゴールを話しあうのがコミュニケーションじゃないんかな?

もちろん環境を整えてもらったり
その全てを与えてもらえるわけではないけど
自戒の念をこめて書いてみましたとさ。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。