1000本ノックっていります? 日本は数にこだわりすぎ

数にこだわりすぎちゃう?と思うのは僕だけでしょうか?

何かと数字が好きですよね。

でも、大事なんは数じゃなく質じゃないですか?

質があって量があると良いんでしょうけど

数にこだわると数をこなすことに意識がいって質は置き去りになふんじゃないかな?と僕は思います。

まず数を増やしてこなそうとすると時間がかかります。

集中力は続くんですかね?

僕はやっつけになっちゃうと思うんです。

次に正しいフォームじゃなくなる。

バッティングは顕著ですけど

数をこなす練習は良いフォームではなく

悪いフォームを身につける可能性もあるわけです。

ケガのリスク、集中力、実践的な練習ということを考えても

数にこだわりすぎる練習は無駄。

最初から数をこなすのと

結果的に数が多くなるのとは全然違う。

意味を持った練習、
試合のための練習になるようにしていきたいなと思う。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。