相手チームのユニホームに負けそうな時は

苦手意識があるチームや強豪チームと当たると試合前に負けてしまうことがある。

僕らの時はまだ大阪桐蔭がそこまで強くなかったんでユニホーム負けすることはなかったですけどボコボコにやられました(苦笑)

そんなチームとやる時は

相手のアラ探しをしてみるのも1つの手です。

ユニホームに負けるということは
相手の「後光に気負いを感じている」んです。

だから
「あれ?思い込みかも!?」

と思うためにも
「ユニホームの着方がイマイチ」とか
「顔がテカってる」など
なんでもいいので
相手を評価してみてください。

すると不思議なことに
心理的な不安、相手に対する気後れ、
相手に対する緊張感や圧迫感は軽減されるはずです。

高校の時に知りたかったなぁ〜


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)