チーム全体にとっての貴重な情報を共有しやすい環境をつくっていくことも指導者の務め

選手にしてあげられること。

それは技術を教えることだけではなく
環境を整えること。

その土台がないと
思い切ってプレーできないでしょ?

例えば
「あのピッチャーこんなクセがあるかもしれません」
と言ってきた選手の情報が間違っていたとする。

それを責めると
次から報告できなくなる。

変化やクセに気づけることはすごくいいことだと思う。

そういうところを尊重できる環境を作ること。

小さなことで怒ってる場合じゃないなぁ、
そう思うわけです。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。