怒りをコントロールする

「喜怒哀楽」

自分はまだまだコントロールできない。
これは課題ですね。

特に怒りはコントロールした方がいいように思うんですけど
すぐに頭に血がのぼるヤマグチです。

野球のプレーの中で
「怒り」にまかせて動く選手は手玉に取られやすい。

ヤジにも笑顔で対応…
なんてなかなかでけへんけど
そのぐらいタフになれればと思う。

怒りってよ~く考えると
笑えてくるというか
時間がたつと「何であんなことで怒っててんやろ?笑」となってくることが多い。

そうなることがわかってれば
いちいちプリプリ怒らなくても済む。

と言ってもなかなかコントロールできない人は
「笑えること」を取り入れてみては?


僕の場合は家族が笑わせてくれるので
本当に助かっています。

「笑い」は最強ですよ!
お笑いでもいいし、なんでもいいんで
笑えるコンテンツを準備しておくのもオススメ!

笑える時間を多く過ごそう、そう思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。