スポーツに携わるなら人のカラダの勉強は必要でしょ?

子どもの頃から野球をしてきました。

今、思えばそんなに野球経験がない指導者に
あれこれ言われてきたなぁと思い出してます。

悪口ではなく
後悔もなく
ただ、事実としてそうやったなと思うだけです。

今は、昔より情報が入りやすい時代ですからね、
勉強されている方は多いと思いますが。

もっとケガへの知識、カラダへの知識は
勉強してほしいと思います。

話は変わりますが
昨年、細かいシチュエーションはお伝えできませんが
人生で初めて生身の人間に心臓マッサージをしました。

今でも、手にその感覚は残っています。

僕は、赤十字社主催の救命講習を受け資格を持っています。

もちろん柔道整復師の国家資格を取る際の
専門学校でもかなり勉強しました。

実践することなんかないほうがいいです。
別に自分が人助けしたことを自慢したわけでもないです。

ただ、その緊迫した場面で
無我夢中でしたが
行動できたことは良かったと思います。

資格や知識が大事なんじゃなく
とっさの場面で行動できるか、
そのために準備できてるかどうか。

高校のレベルになると
命の危険がある場面も出てきます。

もっと意識高めて
準備したいなと思います。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。