「おかげさまで」

夏が来ると冬がいい
冬になると夏がいい
という。

太ると痩せたいといい
痩せると太りたい
という。

忙しいと暇になりたいと言い
暇になると忙しい方がいい
という。

自分に都合のいい人は善い人だと誉め
自分に都合が悪くなると悪い人だとけなす。

借りた傘も雨があがれば邪魔になる。
金を持てば古びた女房が邪魔になる。
世帯を持てば親さえも邪魔になる。

衣食住は昔に比べりゃ天国だが
上を見て不平不満に明け暮れ、隣を見ては愚痴ばかり。

どうして自分を見つめないか、静かに考えてみるがいい。

一体自分とは何なのか。

親のおかげ、先生のおかげ、世間様のおかげの塊が自分ではないのか。

つまらぬ自我妄執を捨てて
特手勝手を慎んだら世の中はきっと明るくなるだろう。

おれがおれがを捨てて、おかげさまでおかげさまでと暮らしたい。

野村ノートに書かれている言葉です。
つい、環境に甘んじて
おかげさまということを忘れてしまうのが人間だそうです。

そこまでできた人間じゃないですから
365日、24時間こう考えられるわけじゃない。

でも、ふとした時には思い出して
原点に帰りたいなと思ふ。

そんなわけで
近々、恩師に手紙を書こうと思います。






The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。