野球好きのまま次のステップに進んでもらうこと

監督と甲子園という本を読んでいるとあっとう間に時間が過ぎます。

おかげで寝不足気味な細目ヤマグチです、どうも。

元PL学園の監督といえば誰が出てきますか?
僕はただ一人、中村監督です。

甲子園での勝ち星もさることながら
勝ち以上に大切にされてることがあるといいます。

それは、野球好きのまま次のステップに進んでもらうこと。
と言っておられました。

「だからテクニックはともかく、身体の使い方にはうるさく言います。
もし、間違ったことをしていたらそれはケガに結びつく。
ケガは目標とやる気を失わせる最大原因になりますから」
と言っていたのが一番強く心に残った。

ケガをさせないためにも全てにおいて120パーセントじゃダメだと僕は思います。
全体練習なんかは、もうちょっとやりたいなと思えるぐらいでいい。
オーバーワークにならず、効率的に練習する方法、
カラダの使い方はこれからも学び続けて実践したいなと思います。

野球好きのまま次のステップに進んでもらえたら幸せやろうなぁ。
そんなコーチングスタッフになれるよう精進します!


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 経営していた接骨院を閉院し新たな道をスタート。 将来はトレーニング、コンディショニングの面で高校野球に携われたらいいなと思っている野球好きのおっさんブログです。