カラダの疲れやダルさ、コリの原因は寒暖差疲労?

こんにちは!
やまぐち接骨院・整体院のヤマグチです。

梅雨時期でジメジメうっとうしいと思いきや
今年は肌寒く感じる日が多いですね。

日中は暑くて
朝晩はひんやり。

この日中の気温差が
実はカラダに影響を及ぼしているんですよ。

寒暖差疲労とは

人間は暑いと血管を広げて汗をかいて熱を逃がします。
逆に寒さを感じたときは震えたりして身体が熱を作り
血管を縮こめて体温を維持しようとします。

このような体温調整をしているのが「自律神経」です。

朝晩に温度差が激しい時は
自律神経は対応するために
めちゃくちゃ
働きます。
その結果、エネルギーを使い機能が下がってしまう。

自律神経の働きが悪くなると出てくる症状は
疲れ、だるさ、眠気、腰痛、首痛、背中の痛み、冷えなど
さまざまな不調が起こりやすくなります。

また、寒いときには首をすくめたり、
肩に力が入ったりするため、
首や肩がカチコチにこってしまうこともあります。

これにより感じるコリや疲れを寒暖差疲労と言います。

他にも寒暖差頭痛など
今まで聞き馴染みのない言葉、症状が
これからどんどん出てくると思います。

自然の状況や食べ物など
環境の変化が早いから
カラダがついていけなくなっちゃうからです。

自分でケアするなら
体を温める
冷やさない(エアコンや扇風機の風に直接長時間あたらない)
汗をかく

ですが
てっとり早いのが入浴です。

しっかり首までつかって温めてあげてください。

寝るときは首にタオルを巻くといいですよ。

風が当たることによる冷え予防と
汗を取ってくれるので一石二鳥!
(寝苦しかったら外してくださいね)

寒暖差による
・カラダの疲れ
・頭痛
・首痛
・肩こり
・疲労感
・背中の痛み
・腰痛

などでお困りの方は
ご相談くださいね!

しっかりとケアして元気に過ごしたいものですね!

気軽にご相談・ご予約される方は
コチラが便利
友だち追加
友だち追加してご利用ください

〒546-0041
大阪市東住吉区桑津3-2-10
やまぐち接骨院
▶︎電話予約はこちら


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)