与えすぎるとダメだったりします。

こんにちは!
やまぐち接骨院・整体院のヤマグチです。

スポーツ選手が来てくれた時には
カラダの動きが良くなるエクササイズ、トレーニングを
行うことがあります。

その時に気づいたことがあります。

気づいたというか反省ですね、僕の。

それは

「答えをすぐに与えてしまうこと」

をすると伸びなくなってしまうことに気づきました。

グーグルでちょっと検索すれば答えが出てくる時代。

ついつい早く答えを求めてしまうのはわからないでもないです。

ただ、運動、スポーツといった
「感性」が必要なものは
頭じゃなく自分の体を動かして「感じる」
ことをしないと上手にならない。

こちらがアレコレいうと
混乱を招くだけ。

この経験は僕の今後の人生に
めちゃくちゃ活きてくることじゃないかなと思います。

いずれは高校野球の指導者になるのが夢です。

コーチは見ておくだけでいい。

ただ、求められた時には
適切なアドバイスを
適切な量伝えてあげる。

これを実践できるように
日々イメトレ(妄想)です。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)