イップスはあるきっかけで突然起こります。

こんにちは。
イップス相談所ヤマグチです。

阪神タイガースの藤浪投手が
制球難で無期限2軍調整になりましたね。

投球イップスはあるきっかけで突然起こります。

藤浪投手は相手打者のバントの構えが苦手な感じがします。

それはこのブログ記事の中にある動画がきっかけとなって
イップスになったからでしょう。

現役高校球児やプロ野球選手も陥る投球イップスってご存知ですか?

解説者や藤浪投手にエールを送る元プロ野球選手の方は
技術的な問題と言われています。
それは一理あります。

ただ、「技術だけの問題ではない」というのも
見逃してはいけないところです。

投球イップスであることは目の間の現実です。
これは受け止めないといけません。

心(考え方)と身体(技術)が一致していないから
うまく投げれずイップスになるんです。

イップスになってうまくいかない時は
外野(報道陣、首脳陣、チームメイト、ファンetc・・・)の
嫌な声に意識が向きがちになります。

気持ちもふさぎがちになります。

でも、理解者は必ずいるはずです。

藤浪投手は野球界の宝です。

一人で悩まないで
投球イップスに対して理解ある方と一緒に復活してほしい
と願っています。
(自分が一人で悩んで何も解決しなかったので)

野球をしていてキャッチボールができないなんて
悔しすぎますよね。
でも、それは恥ずかしいことではありません。

とにかくイップスかな?
と思った時には早めに理解ある方に相談することをオススメします!


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)